あごにシリコンを入れてすっきりと細く

あごが丸い事にコンプレックスを感じてしまい、人と会う事が苦手な人もいるのではないでしょうか。そんな時におススメするのがあごにシリコンを入れてすっきりと見せる方法です。あごがすっきりと細くなっていると、それだけで顔全体が引き締まった印象を与えます。そんなあごを細く見せる為には、あご先にシリコンを入れて施術を行う方法があります。顎を出して細くシュッとした顔立ちを作る事で、メリハリのある顔立ちを作る事が出来ます。顎の先にシリコンを少し入れてあご先を長くする事で、シャープな印象を与える事が出来るのでではないでしょうか。また、首周辺のラインがもったりしていると、せっかくの首元のラインが見えなくなってしまうので、是非しっかり改善を行いましょう。比較的施術時間も短くて済みますし受けやすい施術になっています。

あごにシリコンを入れるメリット

あごが小さい人は、横から見たときに、口が出っ張って見えてしまいます。すらっとしたあごになると、顔がシャープにみえます。プロテーゼという軟骨に近い素材のシリコンを入れることで、顔のバランスが整い、横から見ても、口が出っ張ったように見えなくなります。プロテーゼを少し入れるだけで、上品な印象の顔になります。プロテーゼは、医療用としても使われているため、安全です。年数が経過しても変形することもないです。それぞれ人によって入れるプロテーゼの大きさは違うため、その人に合わせたものを作ります。プロテーゼは、口の中から入れるため、見た目に傷跡が残らないです。そのため、他人にバレる心配もないです。つけて数日間は違和感を感じる人もいますが、しばらくすると全く気にならなくなります。プロテーゼは交換する必要もないので、半永久的に効果が持続します。

横顔を美しくするあごのシリコン挿入

顔の美しさを決めるポイントとしては目や鼻などのパーツが美しいことも大事ですが、せっかくきれいなパーツをしていても輪郭が美しくないとその美しさを十分に発揮することは難しくなってしまいます。特にあごは顔のバランスを決める重要な部分となっていますが、日本人の場合はあごが小さい、または引っ込んでいるという人が多く、横顔で見たときにいまひとつバランスがよくありません。こうした悩みを解消する方法としては手軽な方法ではヒアルロン酸注入がありますが、永久的な効果ではなく、何度も施術を繰り返す必要があります。永久的な効果を期待するのであればシリコンの挿入も検討してみましょう。こちらは本格的な治療となり、切開も必要で、ダウンタイムも長くなりますが、そのかわり、永久的な効果があり、長く美しいフェイスラインを維持できるようになります。