シリコンプロテーゼで理想のあごが実現します

顔に関する悩みは人それぞれ様々ですが、中でも多いと言われているのが、あごが引っ込んでいるため横顔に自信が持てないという悩みです。そんなときは、美容整形クリニックを受診することで、最も適した治療方法を提案してくれますので、まずは気軽にカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。美容整形クリニックで行うあごの手術は、たとえばシリコンプロテーゼを用いて行われます。たくさんの経験と熟練した高い技術を持っているドクターが、一人ひとりの悩みを改善するために、丁寧に施術を行ってくれます。横顔や顔全体のバランスを見ながら高さを調節して施術が行われますので、ナチュラルで美しいあごのラインが実現します。もちろん、施術を行う前にシミュレーションも行われますので、どのような雰囲気になるのかをイメージしやすく、より安心して施術が受けられます。

シリコンを使用したあごの整形で理想の横顔になろう

顔に関するコンプレックスを抱えている人は多いと言われています。中でも最近は横顔に自信がないという人が多いそうです。たとえば、鼻が低いせいでメリハリのない横顔になってしまったり、最近ではあごのラインに自信を持てない人も増えていると聞きました。あごが引っ込んでいると見た目の印象も大きく変わるので、きゅっとした形のあごに憧れている人は多いかもしれません。そんなときに訪れたいのが美容整形外科クリニックです。顔や体型など、さまざまな美容に関する悩みを解消してくれる施術を受けることができ、もちろん、あごの美容整形にも対応してくれています。施術方法は、シリコンプロテーゼを使用し、顔全体のバランスと、横から見たときのバランスを見ながらその人に合う形に整えてくれます。もちろん、施術前には専門の医師がカウンセリングで施術の流れなどをわかりやすく話してくれますし、何度も納得いくまでシュミレーションを重ねて、自然でその人に合うラインを提案してくれるので、施術後のイメージもわきやすく、安心して施術を受けることができます。

あごにシリコンフェイスラインを美しくする

日本人の場合はあごにボリュームが少ない人も多いでしょう。ある程度は仕方ない部分もあるのかもしれません。顔にはバランスというものがありますが、美しいフェイスラインをつくるにはある程度のボリュームが必要になってきます。顔の中でも下部に位置していますが、わずかでもボリュームがほしいという場合はシリコンをつかった方法が適しているでしょう。シリコンを入れることでしっかりとしたラインができあがり、印象もぐっとしまって見えるに違いありません。またその際の手術ですが、唇の内側から行いますので傷も目立たないで済ませることができるでしょう。やはり顔に傷をつけるのは誰でも不安になりますが、この場合はそういう心配も少ないでしょう。特に口の中になると傷の治りも早いですから、そういう点でもメリットは大きいのではないでしょうか。